「こころの青空基金」 元プロボクサーの坂本博之さん

元日本ライト級・元OPBFライト級チャンピオン

坂本博之さんが、

児童養護施設で生活する子ども達を支援する

「こころとこころの輪を、大きく広めていこう」

こころの青空基金(Sky-high RingS)という活動をされていることを知りました。

 

坂本さんは、4度の世界タイトルマッチに挑戦するも、失敗。

当時、対畑山隆則戦をTVにかじりついて観戦したことを思い出します。

 

改めて、YOUTUBEで対畑山戦を見直してみました。

 

1Rから壮絶な撃ち合い。早くも坂本選手の目が切れる。

坂本選手も、チャンピオン畑山選手も、逃げない。

そろそろ坂本に勝たせてやりたい」

当時、そんな空気があったような記憶があります。

 

「リスクを負いすぎている」とセコンドに注意されながらも正面から立ち向かう畑山選手

 

4R、坂本選手の傷がドクターチェックを受けます。

取り返すように、坂本選手は終盤にラッシュで応戦。

 

5R、坂本選手の動きが少し鈍くなったかと思えば

終盤には、またもラッシュで反撃。決して負けない心。

 

6Rは、坂本選手の優勢か。

ボディがうまく入る。

 

7R、坂本選手のローブローが畑山選手に入るハプニング。問題なし。

柔センセイもリングサイドで観てます。

 

8R、  畑山選手のフック、ストレートが入る。

終盤、強烈なチャンピオンの攻め。


9R、畑山選手にGOサインが!

顔面から、ボディも狙う畑山選手。

終盤は畑山選手の猛ラッシュ。

しかし、倒れない坂本選手。

ゴングの後、坂本選手の胸をこんこんとやって、激励するチャンピオン

 

そしてついに、10R18秒・・・。

畑山選手のパンチが顔面を捉え、

坂本選手はゆくりとマットへ沈み、タオルが投げ込まれました。

 

「坂本選手は、世界レベルのタフネスを持った凄い選手だった。」

チャンピオンはそう言って、坂本選手を激励したのでした。

 

<思わず実況みたいになってしまいました。>

 

諦めない2人の「生き様」に、今見ても鳥肌が立ちます。

真剣に戦う人の姿、

こんなにも美しい、人の心が、人を、世の中を、動かしていくのだろう

このような方が今、社会で活躍されていることを、

何よりも心強く、励みに思います。

 

 

坂本さんのページに

多くの方々に知っていただきたい」というメッセージがありましたので

今回、紹介させていただきました。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Ely (日曜日, 22 7月 2012 05:02)

    Worthwhile info. Fortunate me I discovered your web site by accident, I bookmarked it.

漸進日本
真の保守を作ろう!

mezaradi.jimdo.com Blog Feed

「三宅雪子VSフツーの市民座談会・女性編」 ~権力の暴走を止めるのは女の力! (金, 06 4月 2012)
>> 続きを読む

Report:いのちにやさしいエネルギーが日本を救う!Part2 (水, 28 3月 2012)
>> 続きを読む