ありがとう。おばあちゃん

本日12月29日朝方、九州・父方のおばあちゃんが亡くなりました。

95歳でした。

 

随分会っていなかった。最期も会えなかった。

ごめんね、おばあちゃん。

 

夫にも、息子にも先立たれて、気丈に生きていたおばあちゃん。

 

その強い、芯の通ったは生き様は、到底自分は引き継いでいると思えないけれど、

人生のお手本として、先輩として、ずっと心の中に残って行きます。

 

お母さんが、お母さんのお母さん(私の母方のおばあちゃん)が危篤になって

北海道へ行ったとき。

母が子供達に残したメッセージ、子供ながらに少し怖かった。

もう帰って来ないんじゃないかと思った。

 

そんな時、おばあちゃんが、わざわざ広島まで来てくれて、私の手を引いて

幼稚園へ連れて行ってくれたことを思い出します。

私が鯉のぼりを指さして、「あれが家までの目印だよ」と

大人のおばあちゃんに指図したら、生意気な私を見て、クスクス笑っていたおばあちゃん。

 

今頃天国で、お父さんと再会しているんでしょう?

お父さんに、メッセージを伝えて下さい。

「私、頑張ります」

 

じゃあね。

ありがとう、おばあちゃん。

 

 

漸進日本
真の保守を作ろう!

mezaradi.jimdo.com Blog Feed

「三宅雪子VSフツーの市民座談会・女性編」 ~権力の暴走を止めるのは女の力! (金, 06 4月 2012)
>> 続きを読む

Report:いのちにやさしいエネルギーが日本を救う!Part2 (水, 28 3月 2012)
>> 続きを読む