「6.11脱原発100万人アクション開催」記者会見 6/8

「6.11脱原発100万人アクション開催」記者会見へ参加した。

(ユーストリーム・アジア 銀座スタジオ)

 

3.11震災を受け、ドイツでは「脱原発」の大規模デモが起こった。

これを受け、ドイツ政府は2022までに原発を廃止すると閣議決定。

これは、国民の声が国を動かした、大きな「事件」と言えるだろう。

 

当事国である日本はどうだろう。

ドイツ以上の行動が必要ではないのか。

 

そういった経緯で立ち上がったのが、今回の「6.11脱原発100万人アクション」だ。

3.11の震災から丁度3カ月の節目である6月11日。

黙祷を捧げつつ、日本中で、いや世界中でアクションを起こそう!という試みは、

日本を目覚めさせる第一歩となるかもしれない。

 

現段階で賛同する個人・団体はおよそ120。

北は根室から、南は西表島まで。

海外ではスイス、オーストラリア、香港、フランス、台湾、韓国など11カ国・19箇所に上る。

 

 

◆今回発表された東京で開催される主なアクションは以下の3つ。

 

【くり返すな!原発震災 つくろう!脱原発社会 集会&デモ】

●場所:芝公園23号地

●時間:集合/13時 集会/13:30 デモ出発:14:30

●発言;福島原発の現状、福島原発20mSv/h問題、女川原発の現状、他

●デモコース:芝公園→経産省前→東電本社前→銀座→東京駅前→常盤橋公園

http://nonukes.jp/

 

【第3回 エネルギーシフトパレード】

●場所:代々木公園ケヤキ並木入口付近(CCレモンホール前交差点)

●時間:オープニングトーク:14:00〜 14:46〜黙祷後、パレード出発

●パレードコース:代々木公園ケヤキ並木入口→渋谷駅前→明治通り→原宿駅前→東京駅前→代々木公園

子供連れで参加できるよう、花を持参して歩くなど、楽しい雰囲気作りを心掛けている。

「反対、反対!」とマイナスばかりを主張するのではなく、

「未来に向けて」できることを出し合っていこうというスタンスだ。

 

【素人の乱 6.11 新宿・原発やめろデモ!!!!!】

●場所:新宿中央公園・多目的運動広場

●時間:集合:14:00、新宿1周・超巨大サウンドデモ出発:15:00、原発やめろ広場!!!!!(アルタ前):18:00

DJ、LIVEなど、若者らしいイベントがたくさん。

彼らは、政府に対し、下記を要求している。

○稼動中の原発の停止

○定期検査中等で停止している原発を再稼動しないこと

○ 原発の増設中止

○ 児童の許容被曝量20ミリシーベルト/年の完全撤回

○原子力発電から自然エネルギー発電への政策転換

http://trio4.nobody.jp/keita/

 

会見の席上では、主催者の発言には熱意がこもっていた。

「何をして良いかわからない、でも学校や会社、家では話せない。

そんな人たちがとにかく、集まれる場を作ろう。」

「若い時分にデモ活動に参加してきた『団塊の世代』に立ち上がって欲しい」

 

会場の記者からは、こんな質問が飛んだ。

「今回は分散されているが、1箇所に統一できないか」

主催者側の答えはこうだった。

「数万人規模が集る『会場』『時間』などの物理的な問題がある。

反面、遠くのお年寄りや子供が参加できるといったメリットにも着目した。

同時多発的に開催する事で、個人のスタイルを活かすことの意義もある。」

 

筆者は「個性が活きる」社会的活動の意義に共感を覚える。

集団に入り込んでしまえば、中の人になってしまうからだ。

 

デモに慣れない日本人ではあるが、今回のイベントには希望に満ちた明るさを感じる。

楽しく真面目に、「当事者」となってみてはいかがだろう。

 

余談だが、「自由報道協会」は壁を取り払い、透明な情報開示の場となっている。

いち市民であっても、興味があれば、問合せてみる価値はあると思う。

漸進日本
真の保守を作ろう!

mezaradi.jimdo.com Blog Feed

「三宅雪子VSフツーの市民座談会・女性編」 ~権力の暴走を止めるのは女の力! (金, 06 4月 2012)
>> 続きを読む

Report:いのちにやさしいエネルギーが日本を救う!Part2 (水, 28 3月 2012)
>> 続きを読む