2012年

2月

07日

〜原発・放射能・TPP 〜今そこにある日本の危機を元農林水産副大臣が語る!

篠原孝 衆議院議員・講演会 2月28日(火)18:00~

特定非営利活動法人ジャパンイニシアチブ第二回講演会

天野統康さんより講演会の情報です★拡散・シェア大歓迎!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


特定非営利活動法人ジャパンイニシアチブ第二回講演会
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マスメディアが報道しない事実!
『~原発・放射能・TPP ~  
今そこにある日本の危機を反TPP、反原発の元農林水産副大臣が語る』
●衆議院議員 篠原 孝氏

昨年の3・11東日本大震災以降、福島原発の爆発、放射能の拡散、メルトダウン、など未曾有の国難に見舞われた日本。
後半には関税を全て撤廃することを前提にしたTPP条約への交渉参加の是非が日本の世論を大きく騒がせました。

その後、野田内閣は、原発の収束宣言を行いましたが、多くの識者から疑問の声が上がっています。
またTPPについては未だに議論中であり、賛否に関して国内世論を二分しております。
これらの問題は国民の生活と安全に関わる重要な問題であり、多くの国民が関心を持って行く末を見守っています。
しかし、原発・放射能・TPPのどれもマスメディアの編集を経た“切り取られた情報”により国民の世論が
意図的に形成されているのが実情です。
事実を多くの国民は知らされないままに、「原発・放射能・TPP」に対する考えをメディアインストールされてはいないでしょうか?
今回は、今年1月まで民主党副幹事長をされていた篠原孝議員(衆議院3期)をお招きし、原発・放射能・TPPの現状と今後について
ご紹介頂きます。

奮ってご参加ください!

◆*開催概要*
*日 時* : 平成24年2月28日(火)18:00~19:30
(開場17:30、混み合いますのでお早めにご来場ください)
 
*場 所* : 衆議院事務局憲政記念館(定員100名)
        東京都 千代田区永田町1-1-1
        東京メトロ 永田町駅下車 2番出口から徒歩5分
        国会議事堂前駅下車 2番出口から徒歩7分

*参加費* : 当日払い2,000円 事前振込み1,500円  
        学生20席まで無料(要学生証/必ずお申込み下さい)

*振込先口座番号*みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2551960 ジャパンイニシアチブ
※お振込み名と参加者のお名前が同じになるようにして下さい。
 
*申し込み締切日*当日払いは26日まで。事前振込みは25日まで。

学生は26日まで。

 

*お申込みはこちらから*
→ http://www.japan-init.or.jp/seminar/inquiry/web.php
      
担当/天野

*主 催 *: 特定非営利活動法人(NPO)ジャパンイニシアチブ
       HP http://www.japan-init.org/

◆講師 衆議院議員(長野1区選出) 篠原孝氏

1948年 長野県中野市に生まれる
1973年 京都大学法学部卒業
1973年 農水省入省
1982年 同 大臣官房企画室企画官
1983年 同 農業総合研究所併任
1986年 同 食品流通局総務課課長補佐
1988年 同 水産庁水産流通課水産貿易調整官
1994年 同 農林水産省水産庁企画課長
1998年 同 農林水産技術会議事務局研究総務官
1999年 同 農業総合研究所研究調整官
2000年 同 農林水産政策研究所長
2003年 衆議院議員 初当選。
2009年 第45回衆議院議員総選挙当選 衆議院議員三期目
2010年 農林水産副大臣
2011年 民主党副幹事長
2012年 環境委員会理事、倫選特委員会(~現在)

【主な著書】
・「花の都パリ『外交赤書』」(講談社+α)
・「農的循環社会への道」(創森社)
・「第1次産業の復活」(ダイヤモンド社)
・「農的小日本主義の勧め」(復刊 創森社)
・「霞ヶ関いなかっぺ官僚 アメリカは田舎の留学記」(柏書房)
・「EUの農業交渉力」(農文協)
…他複数

当セミナーに関する問い合わせは

E-mail m.amano@japan-init.or.jp(担当天野宛)にお願いします。

 


 

 FP・作家 天野統康著

「あなたはお金のしくみにこうして騙されている (5次元文庫) 」

漸進日本
真の保守を作ろう!

mezaradi.jimdo.com Blog Feed

「三宅雪子VSフツーの市民座談会・女性編」 ~権力の暴走を止めるのは女の力! (金, 06 4月 2012)
>> 続きを読む

Report:いのちにやさしいエネルギーが日本を救う!Part2 (水, 28 3月 2012)
>> 続きを読む